[徹底解説]バイナリーオプションとFXの違いについて!

FX

こんにちは、「トレード君」です。

本日は、FXとバイナリーオプションの違いについてご紹介します。

FX、バイナリーオプションって何?
という方は、こちらの記事で開設しています。

関連記事

目次 1 一度は聞いたことがある「FX」とは!2 下がっても儲けられる3 為替相場はいつ動くの?4 簡単に儲かるわけではないが、努力次第では億単位の利益も可能5 まとめ 一度は聞い[…]

 

関連記事

少ない資金から始めることができて、初心者でも簡単に利益をあげられることで、人気の「バイナリーオプション」 投資のプロから、学生や主婦といった幅広くの層に利用されています。 現在、国内のバイナリーオプション業者は、リスクを回避するために、購入[…]

どちらも為替に関する取引のことですが、具体的には何が違うのでしょうか?
それぞれの取引のメリット、デメリットを比較して、自分はどちらの取引が向いているか、ぜひ参考にしてみてください。

FXとバイナリーオプションの共通点

まず、はじめにFXとバイナリーオプションの共通点についてご紹介します。

FXもバイナリーオプションも、為替の価格(ドル/円、ユーロ/円)が、今後上がるか、下がるかを予想するものです。為替相場が上がるか下がるかを予想するという点においては、どちらも共通の考え方で大丈夫です。

FXとバイナリーオプションの違い

次にFXとバイナリーオプションの違いについてご紹介します。

取引内容の仕組み

FXとバイナリーオプションの違いとして、まず、取引の仕組みが大きく違います。

FXの仕組み

FXでは、取引をする通貨の価格が、今後上がるのか下がるのかを予想し、決済のタイミングを自分自身で決めることができます。

例)1ドル100円の時に1ドルを購入し、1ドルが120円になったタイミングで、決済を行うと、差額の20円を利益として獲得することができます。

バイナリーオプションの仕組み

FXに対し、バイナリーオプションでは、判定時刻というものが存在します。
取引をする通貨の価格が、判定時刻に現在の価格より高いか低いかを予想する投資です。

例)現在1ドル100円だとして、1時間後に価格が上がっているか、下がっているかを予想します。予想が当たれば、投資金額の約2倍が利益として獲得できます。

FXと違い、値動きの幅で利益が大きくなったり、小さくなったりすることはないです。
あくまで、上がるか、下がるかを予想するものなのでシンプルかつ、簡単に取引が可能です。

取引時間・決済のタイミング

FX

FXは、為替相場の値動きの幅で利益が大きくなったり、小さくなったりします。
取引時間に制限はなく、決済のタイミングは自分自身で決めることができます。

バイナリーオプション

バイナリーオプションでは、あらかじめ取引時間が決められており、取引時間終了時に予想が当たっていれば、利益を獲得することができます。外れていた場合は、投資金額が没収されます。

上記で説明したように、FXとバイナリーオプションでは、取引時間と決済のタイミングにおいて、大きな違いが存在します。

利益と損失

FX

FX では、為替相場の値動きの幅によって、利益が大きくなったり、損失が大きくなったりします。

バイナリーオプション

【バイナリーオプション】
バイナリーオプションでは、エントリーした時点で、予想が当たった時、外れた時の利益と損失が決定しています。

予想が外れた場合は、投資金額を失い、予想が当たった場合は、投資金額×ペイアウト率が利益として獲得することができます。

*ペイアウト率は業者によって異なります。また、取引時間によっても変化します。

投資金額

次に投資金額についてご紹介します。

FX

FXの場合は、通貨単位というものが存在します。
「ロット」や「lot」と呼ばれることもあります。

通貨単位は、業者によって異なりますが、
1000通貨単位〜1万通貨単位、中には5百万通貨という業者も存在します。
この通貨単位とは、取引できる通貨単位のことで、利用する業者によって異なっております。

例)取引通貨単位が1万通貨の業者で、1ドル100円の時に、ドル/円の取引をする場合、
1万(通貨)×100円=1000000
つまり、通貨単位が1万の業者を利用する場合、最低でも100万円の資金が必要になるということなんです。

でも、100万円なんて大金をみんながみんな持っているわけないですよね?
そこで、FXはレバレッジという仕組みを使って、自分の持っている金額の
国内業者であれば25倍
海外業者であれば、500倍〜1000倍をかけた金額のトレードを行うことができます。

この仕組みを利用して、国内であれば、4万円
海外業者であれば、3000円くらいからFXを始めることができます。

バイナリーオプション

バイナリーオプションでは、1回のエントリーを1,000円~20万円の間で行うことができます。あくまで、1回のエントリーの最大が20万円なので、もっと大きな金額でトレードしたい方は、20万円のエントリーを複数回行う必要があります。

バイナリーオプションには、FXのようなレバレッジという仕組みはないので、あくまで自分の持っている資金でトレードをする必要があります。

取引リスク

次に取引リスクについてご紹介します。

FX

FXでは、為替の値動きの幅が大きければ大きいほど、損失額も増えます。
ですが、FXでは、自分で決済のタイミングを決めることができるので、損失が少ないうちに決済を済ましてしまうことができます。これを「損切り」と言います。

*ただし、為替の急激な変化で、大金を失ってしまうこともあり、国内業者ですと「追証」と呼ばれる、追加で証拠金を求められることがあります。

バイナリーオプション

バイナリーオプションでは、損失額は自分の投資した金額のみですので、比較的簡単にコントロールすることができます。

取引手数料

FX

FXでは、「スプレッド」と呼ばれる手数料があります。

スプレッドとは、通貨ペアごと設定されている為替レートの売買の差のことです。基本的に、FX業界では取引手数料が無料ですが、この「スプレッド」と呼ばれるものが存在します。

基本的にこのスプレッドの幅が狭ければ狭いほど、FXでは有利とされています。

参考までに、各業者のスプレッドを比較してみましょう。

会社名米ドル円ユーロ円備考詳細

主要通貨スプレッド一覧表(2020年01月28日時点)

トレイダーズ証券

LIGHTFX

 

0.2 0.4 原則固定(例外あり) 詳しくみる

トレイダーズ証券

みんなのFX

 

0.2 0.4 原則固定(例外あり) 詳しくみる

セントラル短資FX

 

0.2 0.4 原則固定(例外あり) 詳しくみる

外為どっとコム

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

マネーパートナーズ

パートナーズFX

 

0.3 0.4 原則固定(例外あり) 詳しくみる

ヒロセ通商

LIONFX

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

DMM FX

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

GMOクリック証券

FXネオ

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

YJFX!

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

FXブロードネット

 

0.2 0.5 原則固定(例外あり) 詳しくみる

インヴァスト証券

トライオートFX

 

0.3 0.5 流動性の変化に応じて変動 詳しくみる

FXプライムbyGMO

 

0.6 0.6 原則固定(例外あり) 詳しくみる

マネーパートナーズ

パートナーズFXnano

 

0.4 0.7 原則固定(例外あり) 詳しくみる

外為オンライン

 

1.0 2.0 原則固定(例外あり) 詳しくみる

バイナリーオプション

バイナリーオプションでは、取引手数料を設けていません。

バイナリーオプションは、上がるか下がるかを予想するだけですので、勝率は50%です。
ただ、ペイアウト率が1.8だったりするので、業者の方が有利です。

確実に利益を出すには勝率53%以上程の取引をする必要があります。

まとめ

今回はFXとバイナリーオプションの違いについて、ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。どちらの取引もメリットがあり、デメリットがあるので、どちらの取引が自分のタイプにあっているか、見極めながらトレードする必要がありますね。

最新情報をチェックしよう!
>海外FX最大手 「XM Trading」

海外FX最大手 「XM Trading」

海外FX業者の中で、最も日本人が利用しており、業界でも最高水準のシステムを誇る。また、入金ボーナスや、口座開設ボーナスなども充実しており、初心者からプロまで愛用する海外FX業者である。

CTR IMG