「徹底解説」バイナリーやFXの税金ってどうなってるの?

FX

どーもこんにちは、「トレード君」です。

FX、バイナリーオプションに限らず、投資で利益を出すと必ず気になってくる税金問題。
日本国憲法でも決まっている通り、納税は国民の義務ですので、くれぐれも

「バレないからいいや」

といった考えはやめたほうがいいです。知らなかったでは済まされません…
とはいっても、きちんとしていれば何も特別難しいことをするわけではないので安心してください。

ということで、本日は、投資で利益を出した場合に、気になる税金問題について解説していきたいと思います。

 

国内業者、海外業者に関わらず税金がかかります

 

 

ネットなんか見ていると、海外業者を利用してFX取引やバイナリーオプション取引を行った場合は国内での税金がかからないとの記載を着かけることがありますが、これは全くのデタラメです。

FX取引やバイナリーオプション取引は国内、海外に関わらず、1月1日~12月31日(1年間)の1年間に、20万円以上の利益が出ている方は納税の対象になります。

ただ、国内業者と海外業者では、利用した業者によって税金の種類が変わってきます。

 

国内業者の場合:「申告分離課税」

 

国内バイナリーオプション業者の課税方法は、この「申告分離課税」という種類になります。この課税方法は、投資取引所得と他の所得とを”分けて”税率計算する課税方法です。
国内のバイナリーオプション業者を利用している方は、課税方法が「申告分離課税」となるので税率は所得に関係なく、一律で20.315%になります。

 

海外業者の場合:「総合課税」

 

海外バイナリーオプション業者の課税方法は、この「総合課税」という種類になります。この課税方法は、投資取引所得と他の所得とを”合計して”税率計算する課税方法です。

 

税金の算出方法

 

国内業者の、一律で20.315%に比べ、海外業者の場合は他の所得と合計して税率計算を行う総合課税ですでの、表からも分かる通り、課税対象金額が695万円以上にならない限りは、ハイローオーストラリアや、XMTradingといった海外業者を利用したほうが、税率を抑えることができます。

 

投資に関する税金の納税方法

 

 

まとめ

 

 

最新情報をチェックしよう!
>海外FX最大手 「XM Trading」

海外FX最大手 「XM Trading」

海外FX業者の中で、最も日本人が利用しており、業界でも最高水準のシステムを誇る。また、入金ボーナスや、口座開設ボーナスなども充実しており、初心者からプロまで愛用する海外FX業者である。

CTR IMG